こころの灯を、おしみなく







鳥のこえを たくさん聴いた 卯月

嬉々として 

春を喜び、ずっとカンタをしていました。


忙しさの中にも少し立ち止まる時間をいただきました。



必要な栄養を体が欲するように

人と 自然は いつも繋がっている。

それぞれの力を借りてバランスを取っているのでは、、と感じるのです。



KANTHA    お守り袋 

「鳥 来 月」  



http://hakutou73.net/shop/